以前FontAwesomeのアイコンをパワポ用に変換しましたが、今回はGoogleが提供してくれているMaterial iconsをコンバートしてみました。

Googleが提供する様々なサービスで用いられており、高品質で癖がないため、教育、ビジネス、プレゼンなどあらゆる場面で活躍します。

また、全部で942種類も用意されているので、必要なアイコンのほとんどがこの中から見つかるのではないでしょうか。他からアイコンを探す必要がないため、デザインを統一できるのもうれしいところですね。

アイコンを使ったサンプル

sample01
sample02

文字だけの説明よりも、アイコンを使って説明したほうがわかりやすく、印象に残ります。

単に必要なアイコンをコピペして微調整するだけですので、使わない手はありませんよね!

アイコン一覧

全部で942種類のアイコンが含まれています(同じ形のアイコンがあるようなので、厳密には若干少ないようです)。

slide1

ライセンスについて

Apache License Version 2.0が適用されています。アイコン自体を転売しなければ、個人・商用にかかわらず、どなたでもご自由にご利用いただけます。

The icons are available under the Apache License Version 2.0. We’d love attribution in your app’s “about” screen, but it’s not required. The only thing we ask is that you not re-sell these icons.
- Google

ダウンロード

ダウンロードはこちらから。

なお、アイコンはVBAを使って自動整列しています(アイコン名もファイル名から抽出しています)。したがって、一つひとつの確認まで行っていませんので、何かおかしなところがあるかもしれませんがご了承ください。

すぐに使える「矢印」も作成してみました。よろしければどうぞ!

関連記事