Support Me!

応援よろしくお願いします!

Visit me

Donate



Bebasというフォントの良さを活かすべく、インパクトのあるスライドデザインを目指しました。
縦長のフォントなので、日本語のスライドにはちょっと不向きかもしれません :/

色はオレンジと濃いグレーを使用し、影などの装飾をせず、全体的にFlatな印象に仕上がっています。

スライドのワンポイント

PowerPointでは、タイトル、本文、フッターという構成が標準となっているため、
わりとこの「ひな形を守らなければならない」という先入観が働くようです。
そのため、どのページになっても同じ構成が続き、ともすればメリハリのない資料になってしまいがちです。

Slide (6)

そこで、たとえば

  • 結論をいうとき
  • 本当に重要なことを伝えたいとき

などに、上のような固定レイアウトを外れるスライドを挟むと効果的です。

ただし、やりすぎると何が重要かわからなくなってしまいますので、ポイントのみで使うようにしてください! :D

Bebas Neue

Bebasの魅力は、何の装飾もしなくても、フォント単体がきわめて美しいところにあります。
デザインがあんまりできなくても、Bebasフォントを使うだけでちょっとリッチなコンテンツに仕上げることができるような感覚になます。
不思議ですね! xD

Bebasフォントは下のサイトからダウンロードすることができます。フリーで使い勝手もよいので、ぜひインストールしてみてください!

Roboto

本文に使ってるフォントは、Robotoです。
名前は知らなくても、Androidを使っている方なら必ず目にしたことがあるフォントだと思います。

Android OS用に、Googleが作成したフォント、Roboto。
デバイスの可読性が追及されているため、確かに端末で見ると、UI Fontとしてはトップクラスの視認性を誇ります。
(ちなみに僕はiOSユーザです 笑)

このフォントもフリーですので、以下からダウンロードしてください。